読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Algorithm

Region based mini ml - unification and implementation

変換前言語・変換後定義、Regionの概要については初回の記事を読んでください。 また、Region推論についての定義・説明は2回目の記事を読んでください。 この記事ではRegion推論精度の話・Region推論実装の話について書いています。 個人的な解釈が含まれて…

Region based mini ml - translation

変換前言語・変換後定義、Regionの概要については前回の記事を読んでください。 この記事ではtranslationに必要な表現・変数の定義を先に説明し、参考論文の規則に則って詳細を説明していきます。 個人的な解釈が含まれているため、記事の内容が全て正しいと…

Region based mini ml - intro

この記事は 言語実装 Advent Calendar 2016 - Qiita 20日目の記事です。 introと書いてあるのは、この内容で通年講義を受講しており、その最終発表が1ヶ月後くらいにあるため、 実装に関する部分などは別途記事化する予定でいるからです。 言語実装アドベン…

宅配者になるべくして

コンテキスト 大学には主専攻実験みたいなものがあって学部3年になると実施される。実験は前期・後期に分かれていて、前期は巡回セールスマン問題をよっこいせする実験を選択した。というより第一希望から落ちた。 実験での行動 実験参考テキストを読み込ん…

Bridge

グラフ構造において強連結を求めて処理することは多いけど、 蟻本に載っているタイプのScc*1だと後の処理が結構使い辛い気がしてた。 単にSccするだけならば別に良いんだけど、辺に対して操作をする時、 その辺は強連結をするための辺なのか強連結成分同士を…

TSP×最近追加法

注記 この記事は2016年7月に更新されてます。過去の記事の内容にプラスしてきちんとしたものにしました。 過去の内容には誤りがありました。すみません。 最近追加法 別称で最近隣接法とか存在するけれど、自分は最近隣接法とは区別している。最近隣接法は経…